私生活の中心は俺的にオンラインカジノブログ:29-4-17

24-10

ダイエットには、適度な体操が欠かせませんが…

普段、トレーニング不足気味という人は、
運動をした翌日には筋肉痛を感じるかもしれません。

筋肉痛まではいかなくても、
体質がだるかったり、疲労感を感じるのは当たり前の話です。

筋肉痛や肉体のだるさを感じる理由として、
体操をしたことによって、筋肉が傷つくことが考えられます。

傷ついた筋肉を直し、
より強い筋肉を作り出すときに、筋肉痛を感じるんだそうです。

また、体操をすることによって、
筋肉には乳酸がたまってきます。

乳酸は疲労物質として知られていますが、
乳酸をはじめとした疲労物質が血液中にたまって、
血行の悪化を引き起こしているために
疲労感を感じるといわれています。

こういった運動の後の不快感を解消するためには、
軽めの体操を行うことがいいみたいですよ!

軽めのトレーニングをすることによって、
筋肉痛や身体のだるさを取り除くことを
「アクティブレスト」というそうです。

代表的なアクティブレストとして、
ウォーキングやストレッチといったトレーニングが挙げられます。

いずれも負荷が低く、なおかつ筋肉を動かすことで、
筋肉をほぐす効果があります。

筋肉痛となっている筋肉は、硬くなってしまっています。
そこで、ストレッチやウォーキングといったトレーニングを行うことによって、
筋肉をほぐすことができるわけです。
すると筋肉が柔らかくなり、
血液内にたまっている疲労物質の排出もスムーズとなります。

なので、体質のだるさや筋肉痛の解消に役立つのです。

激しいトレーニングをした後こそ、
軽めの運動をすることで回復を早めて、
減量をスムーズに実践しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

CALENDAR

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る